歯ブラシをを持っている男性
時代によって違う状況

現在、歯科領域で行われているホワイトニングは、100年以上も前から行われていたと言われています。研究が進み薬剤として「酸」を用いたホワイトニングでは、歯の表面を溶かすものであったそうです。

メリットを考える

歯列矯正で、トレンドになりつつある裏側矯正。裏側矯正とは、文字通り歯の裏側に矯正装置を装着して歯並びを整える治療のことです。 この裏側矯正のメリットとは何でしょうか。

歯科医師求人探し

歯科医師の求人を探すには、知人からの紹介からハローワークでの紹介を受ける必要がありました。 しかし、医療福祉に詳しい人脈がないと、歯科医師の求人探しは非常に苦労する方が多かったです。

矯正器具が見えない

悪い歯並びは矯正したいけれど、矯正器具は装着したくない、だから、矯正歯科の治療は受けないという人もいることでしょう。矯正器具は目立つ仕様になっていますから、装着すれば人目が気になり、生活する上での大きな負担となります。ですから、矯正器具を装着したくない、矯正歯科の治療を受けたくないというのは、当然の心情だと言えるでしょう。 ただ、現在では、人目が気にならない矯正歯科治療もあるのです。その矯正歯科治療とは、裏側矯正です。裏側矯正とは、歯の裏側に矯正器具を装着して行う矯正歯科治療です。矯正器具は歯の裏側に完全に隠れていますので、日常生活において、矯正器具が見えることは一切ないのです。ですから、どうしても矯正器具の見た目が気になるという人は、裏側矯正で矯正歯科の治療を受けることをおすすめします。

但し、裏側矯正には問題もあります。まずは、裏側矯正を行っている歯医者が少ないことです。ただ、少ないといっても裏側矯正を行っている歯医者はありますので、多少の苦労はあるかもしれませんが、治療を受けることは可能です。 また、治療費が高額であることも問題となります。矯正歯科の治療自体、ほとんどの治療が保険適用外となりますので治療費は高額なのですが、裏側矯正の場合、更に高額となります。歯医者によって治療費は異なりますが、一般的には100万円以上かかってしまいます。 治療費の負担を軽減させる手段として、安い治療費の歯医者を見つけるという手段もありますが、もっと根本的な手段があります。それは、医療費控除を受けるという手段です。 医療費を1年間に10万円以上支払っている場合、確定申告の際に申請すれば、納める税金が一部免除されるというのが医療費控除です。ですから、医療費控除を受ければ、支払いは行わなければなりませんが、結果として、治療費が安くなるのと同じ状況になるのです。

オススメリンク

はやと矯正歯科

名古屋で矯正治療の申し込みを行ないたいと感じている人はいませんか?ここならすぐに対応してもらうことができるでしょう。

中目黒アトラスタワー歯科

前歯なら矯正治療の依頼をしてみませんか?ここなら信頼できるドクターがすぐに対応してくれるので安心です。

茗水矯正歯科

東京の矯正歯科はこちらがお勧めされていますよ。あなたに合った治療方法を見出してくれるので、安心することができます。