メリットを考える

歯科矯正をするメリットは様々あります。まず第一に、人に気づかれにくい点が挙げられます。 そして、歯の裏は表側より丈夫なので接着剤のダメージが少ないのも魅力です。さらに裏側に装着する装置の構造上、出っ歯を効率的に治療しやすく、また表側に装着するよりも虫歯になる率が少ないというメリットもあります。 しかし、裏側矯正にはデメリットも存在します。 まず、装置が舌側なので慣れるまで発音がしにくいことです。 加えて、普及している表側装置より費用が高いうえに、裏側矯正ができる歯科医院がまだまだ少ないという難点があります。 このようなメリットとデメリットがあることを頭に入れておく必要があります。

歯の裏側に装置をつける裏側矯正は、日本でのニーズが特に高く、世界に先駆けて開発・実用化されました。 その理由として挙げられるのが、欧米では矯正治療が根付いているのに対し、日本人は装置に抵抗がある人がまだまだ多いという点です。 特に大人になってからだと歯列矯正をしたいと思っても、従来の矯正装置では仕事の都合や人目が気になるなどの理由で躊躇してしまい、なかなか歯列矯正に踏み切れない人が多く居ます。しかし、歯の裏側に装置をつける矯正方法なら他人に気づかれることなく歯列矯正ができるので、歯並びで悩む人たちから注目を集めています。 それに加えて、裏側矯正の治療を扱う歯科医院も実用化当初よりも増えたことで、今後もますます需要は増えることでしょう。